忍者ブログ
バカッターの炎上を防げ アルバイト、パートへのモラル教育の徹底


最近だと、大手牛丼チェーン「すき家」のアルバイト店員が
迷惑行為を撮影した動画をインスタグラムにアップするという
SNS炎上事件が世間を騒がせました。

こうしたアルバイト、パート、派遣社員によるバカッター事件が
後を絶つ気配がありません。特に飲食店におけるSNS騒動が
多いように感じます。果たして、飲食店で働く従業員への
モラル教育、コンプライアンスへの取り組みはきちんと
成されているのでしょうか・・・


□■□■□■□■□■□■


■ バカッターSNS炎上事件

◎主な事件(一部)

そば店のアルバイトの学生が厨房の大型洗浄機に寝そべった
画像をtwitterに投稿し炎上

コンビニの大型アイスケースの中で寝そべる画像をtwitterに
投稿し炎上

コンビニに来店したアイドルグループの防犯カメラの画像を
twitterに投稿し炎上

大手弁当チェーンの冷蔵庫に入った画像をtwitterに投稿し
炎上

炎上騒動に使われるSNSの代表格は
twitter、youtube、instagramのようです。
仲間うちで盛り上がるつもりがweb上に飲み込まれてしまい
拡散された結果、大騒動に発展していきます。


■ バカッター対策

大手飲食チェーンでは大抵、入店と同時に従業員に対し
コンプライアンスの説明と、同意書を書かせます。
また、学生アルバイトの場合はご両親の同意書も合わせて
提出させています。

炎上事件が起きる背景には、使う側の従業員教育の欠如や
コンプライアンスに対する認識不足などがあるのではない
でしょうか・・・飲食業界はどこも人手不足でどこか馴れ
合いになってしまいがちなのかもしれません。


■ 賠償責任の有無

確かに、店側やチェーン店に甚大なる被害や迷惑をかけて
しまうSNSによる不適切な投稿ですが、とはいえ相手は
まだ未成年という事もあり損害賠償が発生した事案はまだ
無いようです。

しかし、実際廃業に追い込まれたり、学生が高校や大学を
退学になるケースは発生しています。一枚の画像や一本の
動画が本人やいろいろな人の人生を狂わせてしまっている
のも事実です。


■ まとめ

誰しもが気楽に楽しめる、SNSは投稿した本人のモラルの
欠如や悪ふざけによりSNSが炎上したり企業や店側が謝罪
に追い込まれたりと社会的制裁、店側のダメージなど、
とても大きいものとなっています。

コンプライアンス違反、モラル違反、社内規範違反を防ぐには
徹底した従業員教育が不可欠な時代となっているのではないで
しょうか・・・

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
ブログ内検索
最新コメント
バーコード
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2
9 12 13
15 16 19 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30
アクセス解析
カウンター